子ども手当と支援事業は?

みなさんは、支援事業についてどのように思っていますか? いろいろな議論を生んだ子ども手当です。 しかし、焦点の一つとして「現金での支給が果たして正しかったのか」の点が、挙げられるのです。 現金での支給は、どんな使い道にも充てられるので、受給者にとっては非常にありがたい話なのです。

そうなれば当然ながら、支援を受けた実感があって、得をした気持ちが非常に強くなるのです。 それにより、経済の活性化につながるのが民主党の狙いの一つだったのです。 また、現金での支給で子ども手当という制度を政党支持の主翼とする事も、目的の一つとしてはあったのでしょう。 現金で渡される事は、どんな使い方をしても良い事でもあるのです。 子ども手当として受け取っておきながら、ギャンブル等、親が自分自身のために使用する事も、少なからず露見してしまうのです。 また、現金での支給では簡単に減額されることも、子ども手当が実施されて以降の流れを見れば明らかなのです。

こうした点でも、子ども手当の制度が長続きせずに廃止になった要因の一つだといえるでしょう。 子ども手当を全額支給するのではなくて、その一部を子供の育成や生活の環境整備に投資するものですよね。 この方法だと、一般家庭では「支援を受けている」実感が全くわかないでしょう。

関連ページ